MusiXTeXによる楽譜の組版

Last Updated: 2017/08/17
Previous Updated: 2015/04/01, 2014/10/04, 2014/05/29, 2012/08/25
(English pages are available.)

このページは楽譜を書くためのソフトウェアMusiXTeXおよびその関連プログラムや拡張マクロ集などの話題を扱っています。一部のページではやや高度な内容を含んでいます。

欠落しているコンテンツは、再建工事半ばで放置状態です。 もはや自前での楽譜組版需要の前線から退いてしまったため、気が向いたときだけ更新します。 ご了承ください。


MusiXTeXによる楽譜の組版

拡張マクロパッケージ

処理可能容量の拡大

描画の改善

フォント関係

バージョン1.16(T.116)の配布開始に伴い、下記の物は古くなりました。公式配布1.16以降には、musixtmr, musixppff, musixadfのそれぞれ改良版が同梱されています。なお、改良版作成はCTANメンテナのBob氏の手によるものです。同時に私はmusixppffとmusixadfから手を放してBob氏に一切を委譲することにしました(musixtmrは最初からpublic domain扱いだが、氏の厚意でそのまま引き取ってもらった)。
musixjfnは放置したままで、T.116で現代化されたフォント定義とは微妙に合わなくなっています。T.116以降でもそのまま動作はできますが、これもpublic domainですので、誰かが改良してくれるのならば、そのまま委譲したいと思います。その場合、Bob氏とのつなぎは引き受けます。もっとも日本のdomesticな需要しかなく、また現在ではpTeX以外の日本語文字組版手段も複数あるため、musixjfnを公式配布に加えるのは果たして如何かと思いますが…。

関連プログラム

例題


トップページ / MusiXTeX
このサイトについて・著者連絡先