フォントの拡張

更新終了 2015/04/04
MusiXTeX バージョン1.16(T.116)の配布開始に伴い、下記の物は古くなりました。公式配布1.16には、musixtmr, musixppff, musixadfのそれぞれ改良版が同梱されています。なお、改良版作成は近年MusiXTeX関係のCTANメンテナンスをしているBob Tennent氏(カナダ)の手によるものです。同時に私はmusixppffとmusixadfから手を放してBob氏に一切を委譲することにしました(musixtmrは最初からpublic domain扱いだが、氏の厚意でそのまま引き取ってもらった)。
musixjfnは放置したままで、T.116で現代化されたフォント定義とは微妙に合わなくなっています。これもpublic domainですので、誰かが改良してくれるのならば、そのまま委譲したいと思います。その場合、Bob氏とのつなぎは引き受けます。もっとも日本のdomesticな需要しかないため、musixjfnを公式配布に加えるのは果たして如何かと思いますが…。


Last Updated: 2008/08/01

MusiXTeXにおけるフォントの拡張です。


Times系フォントの利用

欧文フォントがTimes系フォントに差し替えられます。楽譜をPSやPDF化するときには有効です。ただし,\ppff などはオリジナル MusiXTeX のまま(cmbxti)です。

使い方は,musixtex.texを読み込んだ後の任意の場所で \input musixtmr.tex とするだけです。LaTeX2eのPSNFSSパッケージが使えるようになっていることが必要です。


efont-serif系フォントの利用

欧文フォントがefont-serif系フォント(http://openlab.ring.gr.jp/efont/serif/index.html.ja)に差し替えられます。ちょっと古風で、楽譜にはお似合いのフォントだと思います。

使い方はmusixtmrと同様です。予めefont-serif一式を適切にインストールしておいてください。


日本語フォントの利用

pTeX用

使い方はmusixtmr.texと同様です。当然併用も可能です。JISフォントメトリックが使えるようになっていることが必要です。

XeTeX向けには、以前 qa:48775 をもとにして作ろうと取り組んだ時期があったのですが、結局自分自身にその需要がないまま、やる気を失ったので終息してしまいました。フォント名とOSの依存関係をどう解決するか以外は難なく作れるのではないかと思います。


その他

以下のものは、現在公開停止中です 近年MusiXTeX関係のCTANメンテナンスをしているBob Tennent氏(カナダ)に委譲しました(未完のままのmxfetaを除く)。


トップページ / 楽譜の組版 / フォントの拡張
このサイトについて・著者連絡先